投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!

安曇野 ひつじ屋 レンタサイクル&レンタカー

新しい『安曇野サイクリングマップ』ができました


ひつじ屋謹製、新しいサイクリングマップが完成しました。
長野県諏訪市にある「オオノタ印刷」さんに印刷していただきました。
迅速丁寧、そして安い。オオノタさんいつもありがとうございます。

新たにオープンした店など、情報にすこし手を加えました。
安曇野を訪れるみなさんに役立てていただければ幸せです。

レンタサイクルまたはレンタカーをご利用の方に無料でさしあげています。
また、ひつじ屋店頭で販売もしてます(1部50円)。





この地図は、10年前、ひつじ屋がオープンしたときに、
長男(草哉=そうや)がイラストレーター(Illustrator)のソフトを駆使して作ってくれた
初代のサイクリングマップです。なつかしい。

草哉はこの時、高校1年生。
小学生の頃からお菓子作りが大好きだった彼は、
その年の冬に学校を中退し、東京のモンサンクレールへ修行の旅に出ました。

それから10年、彼は店を、国を、転々としながら、お菓子作りをやめなかった。
いま、上海のレストラン(otto e mezzo bombana)でパティシエのシェフとして活躍しています。
本当に彼はすごい。尊敬しています。























われわれは時に衝動的に何かが欲しくてたまらなくなるときがある。
あるいは、何か手に入れたくて、
そのためには他人から見れば馬鹿げたように見える努力を払い続けるときもある。
そんなとき、よく考えてみると、自分が手に入れようとしている「餅」そのものよりも、
それに重ね合わせている、自分の心の中にある「絵に描いた餅」のほうが
高価な意味をもっていることに気づくことがあるだろう。
そうなると、われわれは、絵に描いた餅を、
それはそれとして鑑賞したり、値打ちを見定めたり、
それ相応に評価すると共に、餅は餅として評価し、
両者の混同による失敗も少なくなるであろう。(河合隼雄「こころの処方箋」より)







■  [PR]
by hitsujiya-azumino | 2013-05-27 17:05 | ひつじ屋日記 | Comments(0)
<< 青いぶち猫の時計 うつわがならびます >>