お好み焼きを食す

a0034487_20131442.jpg
好きなもの  三浦しをん
①お好み焼き。少々しなびてしまったキャベツを刻み、
冷蔵庫のなかの残り物を適当に具にして、
フライパンで焼いて食べる。
お好み焼きを作りたいがゆえに、
キャベツが少々しなびるのを、
わざと待っている気もする。
新鮮なキャベツの使用を自身に許すと、
毎日でもお好み焼きを作ってしまいそうで、
歯止めの利かぬお好み焼き愛が我ながら怖い。
粉と出汁(だし)のちょうどいい配合を探るのも、
なるべくフライパンに押しつけずにフワッと焼き上げる加減も、
なかなか難しい。
お好み焼きは、奥の深い食べ物だ。

②ベッドで読書 ③睡眠 (以下略)
【毎日新聞(2010年11月7日)より転載しました】


S友でまるごと1個買ったキャベツが、
冷蔵庫の野菜置き場で使い道も無くしなびつつあるのを眺めながら
どうしよと思案していたところに、
最近ファンになった三浦しをんによる「お好み焼き愛」が新聞に載る。

それで、さっそくお好み焼きを作って食べました。
「なるべくフライパンに押しつけずにフワッと焼き上げる」
のがコツであることを、ぼくは十色屋のみゆきさんから教わりました。

と書いたあと、みゆきさんのブログをのぞいたら
彼女の「お好み焼き愛」が載ってましたよ。
http://kimaguremiyuki.no-blog.jp/toiroya/2010/10/post_bb85.html

お好み焼きに牡蠣とは・・・。マジですか?


a0034487_20402556.jpg
紅葉真っ盛りの安曇野です。
写真は市内穂高有明にて。
中央は有明山(ありあけさん)、左奥に燕岳(つばくろだけ)。
UFO見えます?
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-11-13 20:23 | ひつじ屋日記 | Comments(0)