馬場崎さんのチベットタンカ展

a0034487_918126.jpg

チベットタンカ絵師、馬場崎研二さんの個展が
松本市の神宮寺でひらかれています。

安曇野に住む音楽家チャーリー宮本さんと奥さんのタミちゃん(料理研究家=チャクラムーン)が
インドのダラムサラで馬場崎さんに偶然会ったことから交流が深まり、
今年は松本で個展が開かれることになったものです。

タンカは、インドからチベットへ伝播した仏教がその地に根付き、
チベット文化圏で発達した独特の宗教画。
馬場崎さんは、学生時代に旅したネパールでタンカに出会い、
数年後、ダラムサラでチベット人の絵師に師事することを決意。
以後、現地でタンカを描きつづけ、昨年30数年ぶりに帰国された方です。

◆馬場崎研二チベット・タンカ展
2010年10月8日(金)~14日(木) 10:00~17:00
神宮寺本堂(松本市浅間温泉3-21-1) 入場無料

◆期間中開催されるイベント
10月9日(土)14時~ 南インド古典舞踊バラタナティヤム奉納
出演:横田ゆうわ、池田未央

10月10日(日)14時~ 風の行者(ルン・ゴムポ)奉納演奏
出演:チャーリー宮本、後藤剛史、ディネーシュ・チャンドラ

10月11日(月)13時~ 「チベットタンカとチベット医学」
お話:小川康(チベット医)、馬場崎研二

※それぞれ入場無料(寄付をお願いします)。

◆馬場崎研二さんのサイトはこちら「馬場崎研二チベットタンカ」


[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-10-08 21:17 | ひつじ屋日記 | Comments(0)