持たざる人たち

a0034487_16572929.jpglarge
昨夜から雪が降りまして、もう季節はずれともいえそうな3月の終わりです。
ようやく午後になってから日が射してきました。
写真は、安曇野市の北隣り、松川村にて。
雲に隠れた大きな山は、有明山(ありあけさん=2,268m)です。

知り合いの新聞記者Hさんがお昼を食べに来てくれました。
Hさんがひつじ屋にいると、しょっちゅうHさんのケータイがブーブー言います(マナーモード)。
だいたいが、仕事の電話みたいです。
会社のデスクとか、同僚の記者とか。
そのたびにHさんは店の外に出て、何やら話している。
新聞記者ってたいへんだナ。

で、Hさんと携帯電話の話になった。
ケータイって要るのかな。
知り合いでケータイ持ってない人って結構いるんだよね。

Kさん、Oさん、Sさん、Yさん、Mさん、Nさん、
Mさん、Cさん、Kさん、Fさん、Tさん・・・

しかも、なかなか個性的なメンバーが並びます。
安曇野でケータイ要らないでしょ、みたいな・・・。

自分は肌身離さず持っているけれど、
持ってないと不便だろうか。
困ったことが起こるだろうか。

結局、なるようになる、何とかなる、のだろうと思う。
無ければ無いで世の中は流れていくに違いないのだ。
自分よ、ケータイとオサラバできるか?
[PR]
by hitsujiya-azumino | 2010-03-29 17:29 | ひつじ屋日記 | Comments(0)